前へ
次へ

幼児教育でとても厳しい状況もある

子どものうちからかなり厳しい教育を行っている幼稚園があります。
才能を開花させるということもあるかもしれませんが、子どものうちから色々と厳しい体験をさせておくことによって、精神を鍛えることはできるでしょう。
入園をすることそのものが難しいという場合もあるので、入園のための準備もしっかりと行わなければいけない、という状況もあるかもしれません。
子どもの頃から体力をつけるために運動をすることはよいことです。
ただしあまりにも厳しいと運動をすることそのものに抵抗を感じてしまい、体を動かすことが嫌いになってしまう子もいるので、その子の性質に合わせた指導を行っていく、ということも大切になります。
厳しいほうがよいという場合もありますが、必ずしも厳しいのが正解というわけではありません。
嫌がることを続けていると子どもでも精神的にダメージを受けてしまうので、性質を見極めるということも必要になります。
親も子どもを見ることは必要です。

Page Top